works

official blog
beyond architecture
mail to

松本の家

住宅

2009.08

松本の家

地域の気候や積雪に対し、固く閉じる建築ではなく、 周辺環境を積極的に受け入れる開放的で広がりのある空間を 提案。 全体は断面も平面も雁行するいびつなワンルーム。 それらが連続した空間に、様々な勾配の屋根が寄り添うことによって、 それぞれの屋根が積雪を受け流すという機能的な役割を果たすとともに、 空間内部ではリズミカルな展開が出現。 真っ白な内部空間は、勾配のついた天井や壁面、開口が、 外からの光が作り出す陰影によって立体的に目の前に浮かび上がる。
 
所在地
長野県松本市
竣工年月
2009年8月
担当
西田司+後藤典子
撮影
鳥村鋼一
敷地面積
280.09㎡
建築面積
120.09㎡
延床面積
147.84㎡
施工業者
滝澤工務店
掲載誌
最高の建築家20人エコ住宅傑作選
  • Before
  • Before

go to top