works

official blog
beyond architecture
mail to

紅葉坂の家

住宅

2009.04

紅葉坂の家

横浜の狭小住宅地に建つ小住宅。敷地周辺は、過剰なほどにモノとヒトが詰め込まれた結果、 生活の器である住宅(=構成図式「nLDK」)が、モノの欲求と生活の欲求のバランスを崩した印象を受ける。 その極端な高密度感を空間づくりに持ち込み、生活を楽しむことができないかと考えた。 つまり1軒の住宅を、延床面積70m2の立体的な「13個室」もしくは「LLLLLLLLLSSDK」という13部屋の集合体と読み換える提案。 余白を割愛し、生活の中心を分割することで、窓により再統合される部屋と部屋、部屋と街の距離。
 
所在地
神奈川県横浜市
竣工年月
2009年4月
担当
西田司+加藤秀基
撮影
鳥村鋼一
敷地面積
61.02㎡
建築面積
36.53㎡
延床面積
70.05㎡
構造・設計
坂根構造デザイン
施工業者
有限会社伸栄
掲載誌
Casa BRUTUS 124号 JA 74号 
  • Before
  • Before

go to top